長期間ログインされておりません

 Log

曖昧なこの世界は理系脳に優しくない
わがままなハイドレンジア
愛憎ごっこ
好きだよと言う頬は花よりも赤い
恋の蜜はかすかに甘い
待ちわびた春が来た
やっと見つけた青い鳥
これが恋よ
オブラートで包まれた繭の中で
人影無く消えた轍
負けず嫌いの意地でして
命を奏でるアルペジオ
涙の墓場
抵抗する歯車
自己懐古
おなかのなかにかえりたい
眠ることにしました
皮膚に覆われたゆるいわたし
まだ酸素を吸っていてもいいですか
嗚呼哀しき花盛りの花一匁
失くしたピースの名前は
OPEN SESAME!
水底から掬い上げるあの手がいつだってそこにあるから
実を結わない恋に夢中
絆され始めたマイワールド
ヒロイン不在のシンデレラストーリー
魚が王子に恋をする
乙女のしずくは優しい塩味
両想いの運命には抗えない
音楽の海に投げ出された!
不器用な嘘で恋の夢から醒まして
清き酸素に馴染めない
知らぬが華
おやすみと共にさよならの歌
君と掛けて僕と説きます
怒りに焼いたその身は紅蓮
君まみれの一生も悪くなかった
ピンクイズキュートの失態
ファンタジートラベリング
天の川をわたる
大音量で感覚神経満たして
星の傷
ビターにさよならミルクの虜
恋敵狩りの夜半
知らなきゃよかった夜のお話
ハニーシロップの甘い魔法
今から恋は愛になります
掴みそこねた赤い糸
瞼の裏に星空
被害妄想にダウト
いい加減の加減を知らない
ラブとライクの間の谷底
幼すぎた恋の終わり
恋心は君を求めて止まない
君が好き
嘆くなかれ少年少女
たとえば明日世界が滅びるとして最後に抱き締めるのはあなたでしょうか
恋がゲームなら愛とは一体
あなたのインスピレーションになりたい
産声を上げた恋
ブラックジョークで葬りましょう
失敗作だと生きてはいけない世の中らしい
爪を噛んだ苦い逆境
尽きた命も消え行く葉月の終わり
君の瞳から溢れ出した悲しい青の歌
LIKE A BROADWAY LOVER
箒星は何を願って燃え尽きるか
スターゲイザー
とどめのウインクであなたは恋に落ちる
尊き亡骸を見たことか
告白前夜の恋敵皆殺し戦線
モノラルタイプは淡々と語る
好奇と移り気の無益なマージン
葬り去って花の香
眩むような光で露わになった罪の色
ふたりぼっち
泣き声をあげてプライドは死んだ
それを愛と呼ばずに何と呼ぶ
美しきかな愛憎
箒星は何を願って燃え尽きるか
スターゲイザー
とどめのウインクであなたは恋に落ちる
尊き亡骸を見たことか
告白前夜の恋敵皆殺し戦線
モノラルタイプは淡々と語る
好奇と移り気の無益なマージン
葬り去って花の香
眩むような光で露わになった罪の色
ふたりぼっち
泣き声をあげてプライドは死んだ
それを愛と呼ばずに何と呼ぶ
無器用で等身大の愛の歌
愛の形が少し歪んだだけだ
愛ならここにある
魅惑のルージュリップ
シンデレラ・シンドローム
メテオに縋れ
月面遊覧のハネムーン
この感情の名前を僕はまだ知らない
赤信号の定理:みんなで渡れば怖くない
ニアリーイコールの境界
蛇に睨まれた蛙
真紅のコントラスト
7度目は要らない
命の重みを計る天秤
淡い光を放つ彼方
黄昏はまだ見えない
死の間際で初めて生を知る
秘密のエッセンス
淡いピンクに色づくドルチェ
あまあまどろどろ
シンデレラストーリーなんて世界で一番似合わないの
一丁前なヒーロー気取り
夢がまだ覚めていないんだ
絵に描いたような逃走劇
ラブソングに君の顔が浮かぶ
まんまと罠に嵌まってしまった私はまるで飛んで火に入る夏の虫
ホリデー・メランコリック
乙女思考気取り
交差はしても交わりはしない
たまには大人しく撫でられてやる
少女漫画は夢のまた夢
ぬいぐるみでキスの練習
思考回路が停止したもよう
今日も今日とて進展はなし
明日も変わらず君が好き
理想の楽園
満天の空で君を探す
一億年を光と旅する
世界は就寝中です起こさないで
静寂の宵闇
譫言のように綺麗と繰り返して
足首に人魚の飛沫
水色ネイルと水面
飽和性心拍数
流星ロケット
脳内サミット
否それは罰である
反吐の出るほど甘いプロポーズ
夕日に浸かるオレンジの横顔にそっとキスをする
覗き込んで目を閉じてそして
内緒という言葉の響き
水槽の底
プライベートプラネタリウム
星には手が届きそうなのに君には届きそうにない
残酷な無邪気
瞼の裏で火花が爆ぜる
流れ星は何を願うか
あの喧騒の中に君はいるのだろう
午前1時に星空探検

- XRIA -